この水辺からはじまる小さな「波紋」が「ハーモニー」を奏で人々の願いとともに世界中に広がりますように・・・

PPP

とうろう流しの支える市民の活動の中から新しい活動が始まっています。

この活動を始動した2005年には、ヒロシマは被爆60年目をむかえ、被爆者自身の高齢化も進み、より被爆体験の継承が困難になりつつあることが憂いとなっていました。

このような状況の中で「とうろう」を流したいが平和記念公園を訪れることが困難な被爆者等を対象に、 青年ボランティアが8月6日以前に訪問し「とうろう」を届け8月6日に代理で流灯するプロジェクトがはじまりました。

青年ボランティアにとって被爆者に出逢うことや思いや願いの託された「とうろう」を流灯することを通して、被爆体験の継承やヒロシマを知るきっかけとなることを望んでいます。

私たちはこのプロジェクトを「Peace Porter Project(平和を運ぶプロジェクト・PPP)と呼んでいます。

プロジェクトの詳しい情報は「Peace Porter Project」のウェブサイトを参照して下さい。

 

訪問風景 流灯風景
PPP解説表紙 とうろうをお届けします
とうろうにオモイを託します オモイをココロに
8月6日に流します PPPに参加しませんか!
PAGETOP
Copyright © とうろう流しを支える市民 All Rights Reserved.
本ウェブサイト内に掲載の記事・画像などの一切の無断転載を禁じます。すべての著作権は「とうろう流しを支える市民」に帰属します。